Simple Counter


シンプルカウンターイメージ
  1. 概要
  2. 動作環境
  3. インストール、アンインストール
  4. Simple Counterの起動
  5. 使い方
  6. トラブルシューティング
  7. ユーザー登録

1.概要
 Simple Counterは目視しながらカウントするシンプルなカウンターです。

2.動作環境
 Microsoft Windows Vista / 7 / 8.1

3.インストール、アンインストール
 Simple Counterをインストールまたはアンインストールする場合は、必ずAdministrator権限でログインして下さい。
 また、日本語のログインユーザー名は、インストール確認しておりますがインストールの際にエラーが派生する可能性もございますのでご注意下さい。 エラーが発生した場合は半角英数のログインユーザー名でログインしインストールして下さい。

3.1.インストール(導入)
 Setup.exe を右クリックし、「管理者として実行(A)…」を選択して実行するとセットアップ画面が表示されますので、メッセージにしたがってインストールして下さい。
 インストールの際、インストール先のディレクトリを変更しない場合は、"C:\HandT\SimpleCounter"にセットアップされます。
 インストールしたディレクトリは書き込み権限が必要です。

3.2.アンインストール(削除)
 [コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール]欄にある「SimpleCounter」を選択し表示されるメッセージにしたがってアンインストールして下さい。
 アンインストール後、インストール先及びスタートメニューに「SimpleCounter」フォルダが残ってしまう場合があります。フォルダが残っている場合は、手動で削除して下さい。

4.Simple Counterの起動
 Simple Counterをご利用頂く為には初回起動およびユーザーID登録の際、WindowsをAdministrator権限ユーザーで起動して下さい。また、Simple Counterを管理者として実行する必要があります。
 SimpleCounter.exeを右クリックし、「管理者として実行(A)…」を選択して実行して下さい。
 上記以外は、Windows及びSimple Counterを通常通り起動して下さい。

5.使い方
5.1 計測モードの選択
 計測したい対象に合わせて白血球計数モード、細胞増殖計数モード、網赤血球計数モード から選択します。
 メニューの「モード切り替え(M)」より計測モードを選択します。  

A) 白血球計数モード
好酸球、単球、好塩基球、リンパ球、悍状核好中球、分葉核好中球、その他白血球、有核赤血球の8項目を計測します。
標準の計測最大値は100です。
計測の正確性を高めるために2回の計測の平均を使用したい場合は、「平均値あり」 にチェックを入れてください。
B) 細胞増殖計数モード
ネガ、ポジの2項目を計測します。
標準の計測最大値は1000 です。
C) 網赤血球計数モード
網状赤血球、赤血球の2項目を計測します。
標準の計測最大値は300です。
計測結果として{網状赤血球/(赤血球×9)}×100と百分率を表示します。
 [計測結果を表示]ボタン、もしくはメニューの「表示(V)」-「計測結果表の切り替え」により、「計測結果」と「計測生データ」の表示を切り替えることができます。

5.2 測定結果の開始
  1. 「計測最大値」と表示されたボックスに値を入力します。
    最大30000カウントまで自由に設定できます。
  2. 「動物番号」と表示されたボックスに動物番号を入力します。
  3. [計測開始]ボタンまたは、メニューの「ファイル(F)」−「計測開始(S)」をクリックします。

5.3 計測
  1. 計測項目の下に表示されている文字と同じキーを押します。
    (数字キーとテンキーは区別されます。)
       (例) 白血球計数モード 「好酸球」[T7] → テンキーの[7]
  2. 1 キー入力毎に計測数が 1 増えます。
  3. 入力を間違えた場合は、「マイナス」(−)キーを押し、表示をマイナス(−)に切り替えます。その後、減らしたい項目のキーを押すとその項目を1減らした後、自動的にプラス(+)表示に戻ります。
5.4 計測の停止
 計測数が計測最大値に達したら計測終了です。
 網赤血球計数モードの場合は赤血球のカウント数で計測を終了します。
 白血球計数モードで[平均値あり(H)] のチェックが入っている場合は2回目の計測の開始待ちの状態になります。この時点で動物番号もしくは計測最大値が変更された場合、次回は1回目の計測と見なされます。  途中で計測を中止したい場合は、[計測終了]ボタンを押して下さい。

5.5 計測結果の印刷
 計測結果を出力します。通常使用するプリンタか、CSV形式のテキストファイルのどちらかを選択できます。CSVファイルは、メモ帳などのテキストエディタ、Wordなどのワープロソフト、Excelなどの表計算ソフトのどれをご使用になっても編集可能です。
  1. 一連の計測が終了したら、[計測値出力]ボタンを押して下さい。
  2. 「試験番号」、「計測者名」、「計測日」を入力します。
    試験番号は半角10文字まで、計測者名は半角12文字までで入力して下さい。
  3. CSVファイルで出力したい場合は「ファイル出力」にチェックを入れます。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
5.6 計測結果の保存
 「ファイル出力」にチェックを入れた場合、ファイルの保存先を指定するためのダイアログを表示します。ダイアログの主な機能は、「保存先フォルダの選択」、「フォルダの新規作成」、「フォルダの名前変更」、「フォルダの削除」です。
  1. 保存先フォルダの選択をします。
    A) [フォルダの新規作成]ボタンを押すと、名前入力用のダイアログが表示されます。新しいフォルダ名を入力し[OK]ボタンを押すと、選択したフォルダ内に新しいフォルダを作成します。
    B) フォルダを選択し右クリックをすることによって、選択したフォルダを削除または名前変更の選択が出来ます。
    「フォルダの削除」では、選択したフォルダ内にファイルが存在しない場合のみ削除します。(ごみ箱には移動しません。)
    「フォルダの名前変更」では、名前入力用のダイアログが表示されます。
    変更するフォルダ名を入力し、[OK]ボタンを押すと入力したフォルダ名が変更されます。
  2. [OK]ボタンを押すと選択したフォルダの中に”Data”というフォルダが作成されます。その中の”Data*.CSV”(*は数字)が計測結果ファイル、”Log*.CSV”(*は数字)が計測生データファイルとなります。

5.7 終了
 [終了]ボタン、もしくはメニューの「ファイル(F)」−「アプリケーションの終了(E)」をクリックします。

5.8 各種設定の変更
  計測項目の変更(白血球計数モードのみ)
  白血球計数モードにおいて、計測開始前ならば計測項目を変更することができます。
  1. [計測項目の設定]ボタンを押します。
  2. 計測キーおよび計測項目を設定します。
  3. 次回以降も同じ項目で計測したい場合は、[設定を保存する]にチェックを入れることで設定を保存しておくことができます。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

6.トラブルシューティング
◇Simple Counter起動時にメッセージが表示され、Simple Counterが終了する
 Simple Counter起動時に、以下のようなメッセージ画面が表示される場合は、初回起動時にユーザーKEYを取得できなかった事が考えられます。
「4.Simple Counterの起動」を参照下さい。

NoUserKEY-Error
◇ユーザーID登録時にメッセージが表示される
 正しいユーザーIDを登録しているにも関わらず、以下のようなメッセージ画面が表示される場合は、Simple Counter起動時の権限によりユーザーIDが登録できなかった事が考えられます。
「4.Simple Counterの起動」を参照下さい。
NoUserID-Error

7.ユーザー登録
◇試用期限
 本製品には試用期限がございます。試用期間を過ぎますとSimple Counterの機能は動作しません。引き続きご使用になりたい場合は、本製品をご購入の上、ユーザー登録をお願い致します。
 ユーザー登録に関しましては、『ユーザー登録』フォルダの、『ユーザー登録について.pdf』をご覧ください。  

お見積り・デモのご用命は

下記またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

株式会社 エイチ・アンド・ティー
〒577-0061 大阪府東大阪市森河内西2丁目20‐4
電話番号06-6785-3322  FAX06-6785-3435
メールでのお問い合わせ

※仕様・ライセンス価格は予告なく改定される場合があります。
(消費税率の改定があった場合は税込価格も改定されます)
♣本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Copyright © 2014 H & T Corporation All rights reserved.