HEAD

コンセプト

医薬品研究開発現場を本音で手助けする
研究現場の立場から思考しGLP下での現場作業の省力化
長期運用でIT関連コストの大幅削減
できるシステムを開発し
多くのユーザ−様にご満足頂いております

お客様からのメール1

mail 濱田 様
先日はありがとうございました。
 非常にフレキシブルで、Pathologistのためのシステムという印象を持ちました。
 日本でもこの様なシステムが存在したことに驚かされた次第です。
 もし、個人で購入するのであれば御社のシステムは第一候補になると思いましたが、弊社の3極での購入となると先日もお話ししたように、システムの良否以外の点も考慮しなければならないので難しい所です。
 このような意味からも、パートナー企業の件是非進めて頂きたく思います。
 アメリカでは、The Artac Seel Company,Inc.のPathDataとInstem Life Science SystemsのPLACESを調査しました。
 PathDataはいわゆるコンピュータシステムといった感じの豊富な機能を持つシステムでしたが、可もなく不可もなく充分日常の使用に耐えうるものとの印象を持っております。一方PLACESは、極めてフレキシブルなシステムで、この点では御社のシステムに近いものでした。
 最近では、PathDataからPLACESへ変更する企業もあるとのことですし、現時点ではPLACESを進めるPathologistが多い事も事実です。以下略…

お客様からのメール2

mail 濱田社長様
先日は、わざわざ○○まで、病理システムのデモにきていただきありがとうございました。
 はっきり言って、とてもよかったです。今まで見た日本の病理システムの中では、最も使いやすいと感じましたし、なんと言っても低コストで維持でき、かつ自由に好みにあわせて簡単に変えれる点がすばらしいですね。 本当に最も重要な生データの部分をしっかりおさえ、自由度を持たせた点が画期的です。(現在使用している■■社の新製品とは比べ物になりません)
 ということで、我々は、おそらく、アメリカの「Places」と並んで、御社のシステムを取り上げるのではないかと思います。 以下略…  

Part11コンサルタント様からのメール

mail エイチ・アンド・ティー
田中様
 こちらこそ貴重なお話を聞かせて頂きありがとう御座いました。
 また、御社のオートバリデーション等ユニークなアプローチにも大変興味があります。
 全般的にバリデーションというと過剰反応しすぎでもっと合理的に経済的に出来るようにすべきでありユーザもメーカもこの方向で進むべきと思っています。
 今後も積極的にアプローチして下さい。
 我々も是非参考にさせて頂きたいと思います。

安全性試験支援システムへのお問い合わせについて

パッケージ内容は予告なく変更する場合があります。
また費用はシステムの規模(モジュール数)によって変動しますが、 TOXランチャーの価格は、すべての活動の価格が明記されており、非常にわかりやすい体系となっております。
詳しくは、下記または フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 エイチ・アンド・ティー
〒577-0061 大阪府東大阪市森河内西2丁目20‐4
電話番号06-6785-3322  FAX06-6785-3435
メールでのお問い合わせ

♣本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Copyright © 2014 H & T Corporation All rights reserved.